交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  積極損害とは? >  積極損害とは?

積極損害とは?

交通事故に遭われたら損害賠償の請求をするわけですが

この損害賠償は、通常の「傷害事故」であれば次の5つに分けられます


@積極損害

A消極損害

B入通院慰謝料

C後遺障害慰謝料

D後遺障害逸失利益


きっちり把握して、正当な損害賠償金を勝ち取りましょう!


このサイトでは@「積極損害」についてお伝えします


これは「被害者が実際に支出した費用」のことです

つまり、診察費治療費入院費用通院費用交通費などですね


事故に遭わなければ、出なかった費用なので、当然請求できます


積極損害の計算は「領収書」に基づいてやるので

大切に保管しておきましょう


■診察費・治療費・入院費について


以下の項目は

必要かつ相当な範囲で実費全額が認められます


・応急治療費

・病院までの搬送費、投薬費

・診察費用

・手術費用

・入院費用

・リハビリ費用


以下は、医師の指示があって、必要かつ相当な場合に認められます

・針灸やマッサージ、あんま

・形成治療

・温泉治療
(医療機関の付属施設がある場合)  一般の温泉はだめですよ

・杖や装具などの治療器具


基本的には、事故により発生した治療費は全額請求出来ますが

「必要かつ妥当」という定義があります


「これは出るのかな?」と疑問に思ったら

最寄の交通事故相談窓口や専門家の方に相談してみましょう


■通院に要する交通費


以下の項目は

必要かつ相当な範囲で実費全額が認められます


・電車賃

・バス代

・その他交通手段費用


交通機関を利用した場合、必ず領収書をもらいましょう!


ここでよく問題になるのが、タクシー代ですが

これも、通常の交通機関が利用できないような怪我の状態

であれば、認められます


自家用車の場合は、ガソリン代、高速代、駐車場代などの実費を

請求できます


事故がなければ払う必要のない交通費は全額請求しましょう


■付添看護料について


病院へ寝泊りなどして近親者が看護する場合など

「近親者の付添看護料」として認められます

1日5,000円〜6,500円です
(自賠責保険の基準は、1日4,000円です)


期間は証明出来るようにしておきましょう


また、「先に1ヶ月間付き添います。医師の了承も得てます」

と相手の保険会社に伝えましょう


あとで、何か言われたら「医師に確認してくれ」と言えるからです

医師が書いてくれる診断書にも記載してもらいましょう!


◇詳細

【専門職の付添人】免許を所有する者 ※医師が必要と認めた場合

実費全額(食費も含む)


【近親者の付添人】

・入院付添:1日5,000円〜6,500円
(自賠責保険の基準は、1日4,000円)


・通院付添:1日3,000円〜4,000円 
(自賠責保険の基準は、1日2,000円)

※乳児・老人・歩行困難者身障者の場合、また医師の指示で自宅看護した場合)


◇将来の付添看護料はどうなる?


平均寿命までの間、専門職の付添人の場合は実費を、

近親者の付添の場合は、1日に付き5,000円〜6,500円を請求できます


ただし、介護の必要性・内容により減額されることがあります


■入院雑費について


入院雑費の項目というものは特にありません

入院1日に付き1,300円〜1,500円です
(自賠責保険の基準は、1日1,000です)


例えば、T字帯やオムツ、TVカード

入院中に読む雑誌などでもOKです


この費用は領収書を取る必要はありません

入院日数×1,300円〜1,500円で計算して請求します


■義足・車椅子・義歯・メガネ等について


医師から必要と認めた場合に限ってその購入実費を

請求できます

将来の買い替え費用も請求出来ます


また、メガネを例にとりますが、値段については

様々だと思います

ブランド品もありますし・・・


一応、定義として「必要かつ妥当な」というものがありますので

常識の範囲で購入されることをオススメします


■そのほかの積極損害とは


これは、今回の事故により被ったいろんな費用の事を指します


とにかく、事故がなければ払う必要のなかったお金は

全額請求しましょう

領収書を取っておくことを忘れずに!


もちろんすべてが認められることは無いと思いますが

交渉の余地は十分にあります


例えば、車椅子になった為に、家の出入り口お風呂場トイレ

廊下を改造しなければいけなくなった費用も請求して下さい

きちんと認められます!


他にも看護に必要なベッドイスの購入費もOKです

車の改造費もOKです


また、あなたの怪我の度合いや年齢、家庭状況によっては

子供の学習費保育費も請求することが出来ます


基本的には、請求出来る項目が決められているのですが、

「これは?どうなの?」というものがあれば

最寄の交通事故相談窓口や専門家の方に相談してみましょう


こちらのページサイトにたくさんありました
↓↓
公共機関で相談




あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

積極損害とは?

関連エントリー

積極損害とは?




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト